■龍谷

 野中 廉也(のなか・れんや)3年時、全国総体走り高跳びで6位になった。「監督や両親の支えのおかげ」。体育教師になり陸上部の顧問を志す。順天堂大スポーツ健康科学部に進学する。神埼市千代田町。(特進科)

 平井 菜々子(ひらい・ななこ)弓道部。県代表として岩手国体に出場した。「心許せる友達ができた」。弓道は卒業後も続け、九州龍谷短期大保育学科で保育士への一歩を踏み出す。佐賀市本庄町。(保育コース)

 江口 昂紀(えぐち・こうき)皆勤で成績優秀。桜マラソンの給水ボランティアにも参加した。「人のために働きたい」と春から県警察学校へ入校し「努力・根性・忍耐を胸に精進する」。佐賀市諸富町。(総合コース)

 鈴木 宗生(すずき・ときお)硬式テニス部主将。3年時の県総体では団体、個人単複で3冠を達成した。進学する福岡大スポーツ科学部でもテニスを続ける。夢はテニスコーチ。神埼市神埼町。(文理進学コース)

 嘉村 奈々(かむら・なな)剣道部主将。3年時の県総体で団体2位、国体でも主将を務めた。夢だった白バイ隊員になるため、春から県警察学校に通う。既に体づくりを始めている。佐賀市富士町。(文理進学コース)

 鶴丸 真由(つるまる・まゆ)生徒会役員を務め、奉仕活動に取り組むなど模範的な生徒。看護師を目指し佐賀大医学部看護科を志望する。「大学ではスポーツをやってみたい」。佐賀市巨勢町。(中高一貫コース)

 緒方 貴一(おがた・きいち)成績は学年トップ。県立図書館に通い哲学書を読みふけった。アニメ、アイドルも好き。「経済政策作りに関わりたい」と、早稲田大政治経済学部へ進学する。佐賀市鍋島町。(特進科)

■牛津

 古賀 里奈(こが・りな)成績優秀で学年トップだった。幼稚園教諭の夢をかなえようと、西九州大子ども学部子ども学科に進学する。「有意義な大学生活を送りたい」。小城市三日月町。(生活経営科)

 三藤 菜月(みとう・なつき)ファッションショーの実行委員長を務め「責任の重さや難しさを学んだ」と振り返る。香蘭ファッションデザイン専門学校に進学する。小城市三日月町。(服飾デザイン科)

 大串 成美(おおぐし・なるみ)第16回ファッション甲子園で入賞を果たした。「障害のある人が着やすい服を作りたい」と考え、緑ドレスメーカー服飾専門学校に進学する。有田町。(服飾デザイン科)

 式町 文伽(しきまち・あやか)生徒会副会長や食品調理のコンテスト入賞など多方面で活躍した。「食の面から暮らしを支えたい」とトヨタ生活協同組合で調理師として働く。小城市牛津町。(食品調理科)

 古林 佳乃(こばやし・かの)スイーツ甲子園の九州大会に出場するなど「諦めずに取り組めた内容の濃い3年間だった」。西九州大健康栄養学部健康栄養学科に進学する。鳥栖市布津原町。(フードデザイン科)

 武富 百音(たけどみ・もね)生徒会長としてリーダーシップを発揮し、学校行事に貢献した。「無事に終えたときに達成感を感じた」。春から日本レストランシステムで働く。江北町。(フードデザイン科)

 福原 寛彬(ふくはら・ひろあき)フランス短期留学で「各国の人と行動し、刺激を受けた」。陸上競技円盤投げでは県高校総体2位に。東京都内のフランス料理店で働く。佐賀市本庄町。(食品調理科)

今春、高校を卒業する生徒を紹介します(敬称略)。次回は唐津商、早稲田佐賀の予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加