がんサロン「とっこら~と」を開設する馬場春美さん=上峰町前牟田

 上峰町前牟田で料理教室を開いている馬場春美さん(76)が、新たにがんサロン「とっこら~と」を開設する。サロン名は「ゆったりと」という意味の方言。馬場さんは「ゆっくりくつろいでおしゃべりを楽しみ、悩みや不安を相談できる場所にしたい」と語る。

 馬場さんは県のゆめさが大学に在学中で、学内の講演でがん対策NPO「クレブスサポート」(佐賀市)の活動を知った。「料理教室の生徒さんにもがんを患った人がいて、決して人ごとではないと感じた」という。料理教室に使っている建物をがんサロンとして活用することを思い立ち、クレブスサポートの協力を得て毎月第4日曜日に開くことにした。

 がんサロンでは、看護師資格を持つ相談員やがん患者を支援する「ピアサポーター」が相談を受け付ける。馬場さんも管理栄養士としての知識を生かし、免疫を高める食事などをアドバイスする。

 予約不要で参加無料。初回は26日午後1時半から同3時半まで、3月以降も毎月同じ時間帯で開く。問い合わせは馬場さん、電話090(5023)8587。

このエントリーをはてなブックマークに追加