計4000万円を超える政務活動費の不正が発覚し計14人が辞職した富山市議会(定数38)の任期満了に伴う市議選は16日投開票された。焦点となった不正に関与した候補計8人のうち、元職と自民党現職2人の計3人が落選。自民現職5人が当選した。自民は引き続き過半数を維持したが、トップ当選は共産党候補だった。

 富山で問題が発覚した昨年8月以降、各地で不正が表面化し、地方議会の在り方が問われた。投票率は47.83%で、前回2013年市議選を5.22ポイント下回った。定数は今回から2減し、58人が立候補する激戦となった。関与した8人の内訳は、不正を認め辞職し自民党を離党した元職浦田邦昭氏(70)と不適切使用を認めた自民現職7人。

 浦田氏は、不正で辞職した14人の中で唯一の立候補だった。敗戦決定直後、憔悴(しょうすい)し切った表情で「予想以上に大逆風を感じた」と述べた。

 富山市議会では昨年8月以降、政活費の不正請求が相次いで発覚、1カ月余りで12人が辞職した。

このエントリーをはてなブックマークに追加