道場のメンバーを交えて練習に励むパラテコンドーの代表選手たち=佐賀市本庄町の古賀道場

 テコンドーの濱田真由らトップ選手を輩出する佐賀市本庄町の古賀道場(古賀剛代表)で、パラテコンドー男子の日本代表5選手が27日までの日程で強化合宿に励んでいる。5人はロンドンで10月に開かれる世界選手権に出場。3年後の東京パラリンピックも視野に、道場のメンバーたちと鍛錬を積んでいる。

 5人は伊藤力(31)=セールス・フォース・ドットコム▽髙橋健太郎(45)=LAVA International▽田中光哉(25)=洪人館▽星野佑介(16)=〓武館▽阿渡健太(30)=日揮。うち伊藤と髙橋の2人は4月にも古賀道場を訪れ、5月のオセアニア選手権で銀メダルを獲得。7月のアジア選手権では髙橋が銅メダルに輝いた。

※〓は火ヘンに玄

 ベテランの髙橋以外は競技歴が数カ月から2年未満と浅く、今回の合宿では基礎体力の向上や基本動作の確認などを含めみっちり鍛えている。

 夢舞台で躍進を期すパラ選手を受け入れている古賀代表は「五輪を目指す道場の選手たちも尊敬のまなざしで接しており、練習に相乗効果が出ている」と語る。

このエントリーをはてなブックマークに追加