福岡管区気象台は25日、九州北部と山口県の3カ月予報(10~12月)を発表した。前半を中心に暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高めで、降水量は平年並みか少ない見通し。

 10月と11月は、天気は数日の周期で変わり、平年に比べ晴れの日が多い。12月は平年と同様に曇りや雨、雪の日が多い。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加