さまざまな技法を駆使したバラエティー豊かな作品が並ぶ陶千坊展=有田町の県立九州陶磁文化館

 焼き物愛好家グループの作品展「第26回陶千坊展」が有田町の県立九州陶磁文化館で開かれている。県内外の22人が絵皿や陶人形など約450点を展示している。13日まで。

 会場には有田の伝統的な絵柄を描いた皿や花器のほか、さまざまなポーズの人魚、ユーモラスな表情で遊ぶお地蔵さん、細かな彫りを施したランプシェードなどが並ぶ。会員が思い思いのテーマに挑み、技法も表現もバラエティーに富んでいる。

 グループは子どものような心で焼き物を制作しようと、有田窯業大学校の卒業生を中心に結成。年一回、新作を持ち寄って展示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加