肥前浜宿土曜夜市への来場を呼び掛ける実行委員長の木下英時さん=鹿島市の「いろは」

 伝統的な建造物が並ぶ鹿島市浜町の酒蔵通りで12日午後6時から「肥前浜宿土曜夜市」が開かれる。昨年からスタートした夜市で、歩行者天国とした一帯に、千個の竹灯籠に明かりがともり、飲食や大道芸などが楽しめる。

 通りの空き家に移住してきた人たちを中心に実行委員会をつくり、昨年から始まって今年で2回目。手作りの飲食を楽しむことができるほか、いろは前小公園では、大道芸やバンド演奏が夜市を盛り上げる。

 昨年は500個だった竹灯籠を2倍に増やす予定で、親子参加の点灯式を実施。先着5組(小学生)で午後7時からこども広場で受け付ける。

 実行委員長の木下英時さん(43)は「町並みが赤い光でともるのはとてもすてき。夜の町並みもきれい」と来場を呼び掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加