佐賀県食育賞受賞を山口隆敏町長(左から4人目)に報告した「あかさかルンビニー園」の王寺直子園長(左から2人目)ら=有田町役場

 佐賀県食育賞を受賞した有田町の認定こども園あかさかルンビニー園の王寺直子園長(60)らが12日、山口隆敏町長を訪問し、受賞を報告するとともに、活動の継続を誓った。

 同園は18年前の開設時から、天然だしを使った地産地消の給食を続けている。献立には煮ごみなどの郷土料理を取り入れ、地域農家の協力で園児、保護者と田植えや野菜作りなどの農業体験にも力を入れている。

 王寺園長は「園児のころは一生の土台をつくる大切な時期。安心安全な食材で本物の味やふるさとの文化を知り、大人になったら次の世代に伝えてほしい」と天然だしや地元産の旬の作物を使う理由を説明。「ほかの園や小中学校とも連携し、元気な有田の子どもを育てて行きたい」と抱負を話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加