給食の栄養などについての話に耳を傾ける能古見小学校の児童たち=鹿島市の同小学校

 学校給食の食材を納入している鹿島市学校給食納入組合の組合員など約10人が、能古見小学校(熊本英俊校長)を訪れ、3年生と5年生の60人と一緒に給食を食べた。「お肉、ご飯がおいしい」と喜ぶ児童の姿に、組合員は「安全、安心の食材を納入する」ことを再確認した。

 子どもたちに食の大切さを学んでもらうことと、異物混入などが起きないような納入を心掛けることを目的として、昨年から同市内の学校を回り始めて今回で4校目。鮮魚店を営む峰松喜照組合長(69)は「子どもたちに残さず食べることを呼び掛けると同時に、子どもたちと一緒に食べることで自分たちの安全な納入への意識改革にもつながるはず」と話す。

 この日は、地元の食材を使ったジャガイモのそぼろ煮やチンゲンサイのおひたしなどを食べた。栄養価などについて話を聞いた子どもたちは「今まで食べてきた魚にたくさんカルシウムが入ってることを知ることができた」「これからも給食は残さずに食べようと思う」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加