「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法案の採決で、反対票を掲げる社民党の福島瑞穂氏=15日午前7時27分、参院本会議場

■野党「おかしい」「最低」/与党拍手「審議尽くした」

 議場全体に響き渡る拍手と歓声、その中を激しい怒号が飛び交った。15日朝までもつれ込んだ与野党攻防を経て「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が参院本会議で可決、成立した。“良識の府”で委員会採決を省略する異例の中間報告の手続きが数の力で強行されたことに、野党議員は「参院の歴史を踏みにじる暴挙だ」と批判。与党は「審議を尽くしている」と反論した。

 「白色票165、青色票70。よって本案は可決され…」。午前7時45分ごろ、伊達忠一議長が投票結果を読み終える前に、議場がざわめき始めた。与党席からは「よし」との声とともに拍手が湧き上がったが、野党議員は机を強くたたき「おかしい」「最低だ」。本会議を傍聴していた人からも「こんなの認められない」との声が上がった。

 成立の瞬間、金田勝年法相は、おびただしい数のカメラのフラッシュを浴び、閣僚席から立ち上がって議場に向かって頭を下げた。その後、国会内で報道陣に「本当に良かった」とほっとした表情を見せ、「国民の理解をさらに深める努力をする。非常に大事な時期を迎えた」と強調した。

 不信任、問責決議案を続々と繰り出し、成立阻止を図った野党の抵抗を数の力で封じた与党。安倍晋三首相は衆院本会議で内閣不信任決議案が否決された後、15日午前2時すぎに公邸に戻った。

 法案採決直前の参院本会議の討論では民進党の蓮舫代表が登壇し「まるで下請けのように官邸に言われるがまま」と中間報告に至った与党の議会運営を追及。問責決議案が否決されたばかりの金田法相の国会答弁にも「安定した不安定さを誇り、最も基本的なことが意味不明」と皮肉り、気色ばんだ与党議員から「不安をあおるな」とやじが飛んだ。

 記名投票では、与党議員が淡々と賛成票を投じた一方、共産党の仁比聡平氏は壇上で青色票を高く掲げながら「反対」と叫んだ。

 極端にゆっくりとした歩みの「牛歩戦術」で臨んだのは、自由党の山本太郎氏や社民党の福島瑞穂氏ら7人。与党席から「早くしろ」「パフォーマンスだ」とののしられてもペースを変えず、このうち伊達議長が告げた制限時間に間に合わなくなった福島氏ら3人は投票ケースに青色票を投げ込むなどしたが、結局「投票せず」の扱いになる場面もあった。

■監視、気持ち悪い」「テロ怖い、安全大事」 全国の10代、懸念と賛意

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法が15日成立した。犯罪を計画段階で処罰する規定を、どう考えるか。全国で10代の若者10人に質問すると「監視社会になる」と懸念が根強い一方、「テロは怖いので安全対策が大事」との声も。性急な国会審議に不安を感じる人もいた。

 千葉県の大学2年川尻岳宏さん(19)は「犯罪は減るのかもしれないが内心まで捜査対象になるのは気持ち悪い」と指摘。「監視されているかもしれないと疑心暗鬼になる。自由に意見を表明しにくくなるのではないか」との恐れも口にした。

 「自由に言いたいことを言ったり感じたりすることを国が制限すると多様性が失われる」。東京都の大学2年原木風歌(ふうが)さん(19)は弊害をこう強調。法律がテロ対策を目的としたことには「法規制しても、犯罪を未然に防げる確証はない」。

 一方、大阪府の高校1年松本萌佳(もか)さん(15)は「会員制交流サイト(SNS)などは個人情報を公開しているので、プライバシーを見られるのと同じこと」とした上で「テロがある時代やし、東京五輪もあるから安全が大事」と評価している。

 福島県の中学3年二階堂さくらさん(14)も「自由やプライバシーが多少制限されることになっても安全な方がいい」とする。「法律が無いことで日本が悪くなるよりも、自分のことはいいから全体が良くなっていく方がいい」と話した。

 審議時間の短さに違和感を訴えたのは、埼玉県の高校1年金子ひかるさん(15)。改正法への賛否は「迷っている」としつつ「与党が話を聞かずに押し進めているのを見ると不安になる。でも犯罪のない社会になってほしい。もう少し話し合いが必要」と要望した。

 愛知県の高校1年和田萌花さん(16)も「多少のプライバシー制限は仕方ないけど、誰が捜査対象になるかがはっきり示されず不安」と明かす。「既存の法律の改正で犯罪を防ぐこともできると思う」と提案している。

■戦後民主主義の原則破る

 政治学者の姜尚中・東京理科大特命教授の話 共謀罪とは心を裁くことだ。戦後民主主義が堅持してきた「国家は内心に介入してはならない」という原則が破られた。監視社会が到来するとの懸念も示されたが、国民に広く浸透しなかった。これまでは監視社会と聞けば、息が詰まるような印象を受けたものだが、今はむしろ国による監視や庇護(ひご)を望む風潮を感じる。日本では「自分たちが国の主人公」との考え方がいつになっても定着しない。この先に何があるかは歴史から容易に想像できる。「お上に全てお任せ」という考えを捨て、自らが国の行く末に責任を持つ姿勢が求められる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加