ヨシ原へ行くと「ギョギョシ、ギョギョシ…」という大きな声が聞こえてきます。

 オオヨシキリが鳴いている声です。大きな声で鳴くことで縄張りを主張しています。オオヨシキリは夏鳥で、南の国から4月ごろ日本へ渡ってきます。

 俳句では「行々子(ぎょうぎょうし)」として夏の季語となっています。

 オオヨシキリはヨシ原に巣を作って子育てし、寒くなるころにまた南の国へ旅立っていきます。最近は、河川改修などでヨシ原がなくなり、姿が見られなくなったところもあります。なんの変哲もないヨシ原も鳥たちにとっては大事な住処(すみか)です。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長)

このエントリーをはてなブックマークに追加