「山の日」の天山登山者に配る記念バッジ

 新たに国民の祝日に制定された11日の「山の日」に合わせ、小城市は天山(標高1046メートル)への登山客に、缶バッジや清水の滝の名物料理「こいこく」のフリーズドライといった記念品を配る。「小城の観光資源の豊かさを天山でアピールしたい」と小城ルートからの登山を呼び掛けている。

 天山は、小城市や佐賀市など4市が境界を接し、それぞれに登山ルートがある。ゴールデンウイークを中心に年間平均約1万人が訪れる。夏場は登山客が比較的少ないことから「祝日に記念グッズを配ることで夏の天山への親しみを深めたい」と担当課。

 記念品は小城ルート8合目の天山神社上宮展望駐車場で午前7時から先着200人に配布する。缶バッジは小城市側から撮った山陵の写真を転写し、「天山登頂」と「2016 8・11 山の日」と記している。

 このほか小城羊羹(ようかん)や小城の天然水を準備している。同日午前7時半から地元グループによる記念登山も予定されている。問い合わせは小城市総務課、電話0952(37)6113。

このエントリーをはてなブックマークに追加