三養基郡上峰町議会(寺崎太彦議長、10人)は15日、全員協議会を開き、小中学生の給食費無料化予算の財政面などについて執行部にただした。議会全体で意見集約を図ろうとしたができず、最終日の16日の採決で可否が示される。

 全員協議会は非公開。執行部によると、町の借金返済に当たる償還金は、本年度は2008年度のピーク時に比べ1億4千万円減っており、財政運営が弾力的になっているなどと説明したという。

 終了後、前日に続き議案を審議したが、給食費無料化予算に関する質疑はなかった。傍聴した男性は「給食費無料化がどうなるかを聞きに来たのに、質問がないなんて。住民に分かるように議場で説明してほしかった」と憤った。

このエントリーをはてなブックマークに追加