リオデジャネイロで開かれたIOC総会で、東京五輪の5競技18種目の追加が決定し、抱き合って喜ぶ大会組織委の森喜朗会長(右)ら=3日(共同)

 【リオデジャネイロ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は3日、リオデジャネイロで開いた総会で、2020年東京五輪の追加種目として大会組織委員会が提案した5競技18種目を一括承認した。国民的人気を誇る野球はソフトボールと統合した1競技として、08年北京五輪以来、3大会ぶりの復帰が正式決定した。

 空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの実施も決まり、いずれも五輪初採用。総会では野球について、米大リーグからトップ選手の参加協力を得られていないことへの懸念が出たが、IOC委員の挙手による採決では満場一致で決まった。開催都市が追加種目を提案し、IOCが承認する方式は今回が初めて。

 バッハ会長は「五輪プログラムの革新という意味では画期的な出来事」と述べた。

 会場は野球・ソフトボールが横浜スタジアム(横浜市)、空手は日本武道館(東京都千代田区)、サーフィンは千葉県一宮町、スケートボードとスポーツクライミングはお台場エリアの青海(東京都江東区)の組織委案が示され、12月のIOC理事会で承認を得る方向となった。

 組織委の森喜朗会長は、野球・ソフトボールの一部を東日本大震災の被災地で開催することを本格的に検討する考えを示した。新国立競技場の建設計画と公式エンブレムの相次ぐ白紙撤回で大会のイメージは低下していたが、国民的人気を誇る野球の復活は機運回復の起爆剤となりそうだ。

 IOCは14年12月にまとめた改革策で、五輪開催の魅力を高めるために開催都市に希望する種目を提案できる権利を認めた。追加種目は1大会に限られ、パリやロサンゼルスが立候補している24年夏季五輪では改めて選ばれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加