九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の事故時の甲状腺被ばくを軽減する安定ヨウ素剤を、定期的に事前配布する佐賀県の取り組みが15日、唐津市の唐津保健福祉事務所で始まった。薬剤師ら4人体制で待機したが、この日に受け取りに来た人はいなかった。

 安定ヨウ素剤は、半径5キロ圏の全住民7932人を対象に事前配布する。3歳未満はゼリー剤、3~12歳までは丸薬1丸、13歳以上は2丸になる。今後も毎月1回、第3木曜の午前9時~午後1時に実施する。次回は7月20日。問い合わせは県医務課、電話0952(25)7033。

このエントリーをはてなブックマークに追加