「聞こえんけん、私は行かんでよか」。一人暮らしをしている祖母の口癖だ。祖母は老人性難聴で、補聴器をつけ始めてから何をするにも消極的になり、家族の外食の誘いも断るようになった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加