佐賀市教育委員会が小学生向けに発行した郷土学習資料「さがの人物探検99+you」に、藩士名や島義勇屋敷跡を紹介する写真などで多くの誤りがあり、15日までに市民から複数回指摘を受けた。市教委は24カ所の修正点を確認、「検証が十分でなかった部分もある。間違いは訂正し、適切に対応していきたい」として8月ごろ2千部増刷する際に反映させる予定。

 資料は幕末維新期の七賢人のほか、産業や芸術、スポーツなどで活躍した佐賀人を紹介、6千部を発行した。誤りを指摘したのは中野和彦さん(81)と森昭生さん(71)。藩士名の誤字や初代藩主・鍋島勝茂の生年月日など、昨年10月から市教委側に指摘してきた。

 市教委は監修委員会を開き修正箇所を検討した。学校教育課は参照した図書館資料などに誤りがあったことが主な原因とし、古文書や原書で確認できた部分を修正した。15日に早期対応を申し入れた中野さんは「市の発行物のため信用度は高く、誤りが拡散される恐れがある。誠意を持って再検討してほしい」と要望している。

このエントリーをはてなブックマークに追加