AR機能付きのジグソーパズル。タブレットやスマホをかざすと動画や音楽が流れる=神埼郡吉野ヶ里町のオフィスタカハシ

 パズル製造販売のオフィスタカハシ(神埼郡吉野ケ里町、高橋勝則社長)が、AR(拡張現実)機能付きのジグソーパズルを発売した。組み立てたパズルにタブレットなどをかざすと、動画や音楽が再生される。

 専用の用紙に写真画像を印刷してパズルを作成すると同時に、ネット上のサーバーにパズルと同じ画像を保存しており、二つの画像が一致すると動画や音楽が流れる仕組み。サービスを受けるには同社が開発したアプリ「パズルメーカー」(無料)のダウンロードが必要で、アプリでパズル制作の注文もできる。

 料金は縦8センチ、横12センチの写真L判で782円(税込み)から。問い合わせは同社、電話0952(53)8186へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加