ソフトテニス男子団体1回戦・塩田工-明徳義塾 相手を4-1と圧倒した栗山比呂(左)と本田修平のペア=岡山県の備前テニスセンター

 ○…ソフトテニス男子団体の塩田工は、前日の個人戦を制した本倉・上松組を擁する地元の岡山理大付と2回戦で対戦し、ストレートで敗れた。

 明徳義塾(高知)との1回戦は、1番手の橋野祐輝・西田知生組が接戦を4-3でしのいで勢いづけ、続く本田修平・栗山比呂組も炎天下のコートで力強いプレーを見せて4-1で快勝。幸先良いスタートを切った。

 しかし岡山理大付には、対戦した3組とも1-4。ミスで連続失点するなど流れをつくりきれなかった。神近正監督は「フィジカルは問題なかったが、がむしゃらさが足りなかった」と話した。

 (岡山県備前TC)

 ▽男子団体1回戦

塩田工(佐賀)/2//1/明徳義塾(高知)

○/橋野

西田/4-3/下村

小谷/ 

○/本田

栗山/4-1/山崎

石元/ 

 /喜多

江口武/0-4/小松

中井/○

 ▽同2回戦

岡山理大付(岡山)/3//0/塩田工(佐賀)

○/美甘

小谷/4-1/藤井

諸上/ 

○/本倉

上松/4-1/本田

栗山/ 

○/村上

末吉/4-1/橋野

西田/ 

=2016 高校総体 中国総体=

このエントリーをはてなブックマークに追加