九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性などを議論するため鹿児島県が設置した専門家委員会は16日、川内1号機に「熊本地震の影響はなかった」、九電が実施した定期検査の結果にも「特段の問題はなかった」とする意見書をまとめ、県に報告した。脱原発を掲げる三反園訓知事がこれを受け、原発稼働の継続容認を判断するかどうかが焦点となる。

 意見書は、専門家委のメンバー12人が会合で述べてきた助言も列挙。地震の影響を調べるため九電が追加で行った特別点検に関し「入念に点検している印象」「安全確認の厚みを増す努力が見られた」などと評価する声が並んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加