治安維持法下の日本や佐賀の変遷をたどる連載「抑圧の記録」。暴走する体制への異論や批判が許されず、沈黙していった社会が映す教訓とは何か。刑法の歴史に詳しい内田博文九州大学名誉教授(70)に聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加