鳥栖市と基山町、久留米市、小郡市でつくる筑後川流域クロスロード協議会などは6日午後6時半から、サッカーJ1・サガン鳥栖対ガンバ大阪戦のパブリックビューイング(PV)を開く。会場は4月に開館したばかりの久留米シティプラザ内の六角堂広場。観覧者を募集している。

 久留米シティプラザは、街中のにぎわいを創出する新たなランドマーク。2012年に筑後川流域クロスロード協議会が行った「サガン鳥栖応援宣言」に基づき、オープン記念としてPV実施を決めた。同地域の一体感を醸成する。

 当日は約860人を収容できる全天候型の広場(1380平方メートル)に170インチのスクリーンを設置。ブリヂストンデー(8月27日)のアルビレックス新潟戦観戦チケットが当たる抽選会も開く。予約不要で入場無料。問い合わせは鳥栖市役所総合政策課、電話0942(85)3511。

 また7日は、佐賀競馬(鳥栖市)とサガン鳥栖のコラボイベント「サガン鳥栖サマーカーニバル記念競走」を同競馬の第8レース(午後4時半発走)で実施。記念競走の馬券購入者を対象に、サガン鳥栖ホームゲームの芝かぶりシートでの観戦チケットが当たる抽選会などを行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加