佐賀県町村議会議長会(会長・松尾文則有田町議会議長)は16日、佐賀市内で総会を開き、地方創生のさらなる推進を決議した。

 決議は、国と地方が一体となり、「都市と農山漁村が共生しうる社会を強力に進めていくことが重要」と指摘。「地方創生こそが1億総活躍社会実現のためのメインエンジンであり、地方創生に向けた大きな流れを緩めてはならない」としている。道州制導入反対など9項目を盛り込んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加