市税を滞納する市民の給与差し押さえに協力しない第三債務者である雇用主に対し、唐津市が直接支払いを求める方針を固めていた民事訴訟について、市は5日、提訴を回避したと発表した。担当課が交渉を重ねた結果、雇用主から納付があった。

 6月市議会では訴訟費用など関連議案を審議し、可決していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加