7回1安打無失点の好投の好投をみせた、鹿島少年主戦の山口大翔=佐賀市のみどりの森県営球場

諸富南少年(佐賀市)

      0000000─0

      001000×─1

鹿島少年(鹿島市)

(諸)平野-實松

(鹿)山口大-江口

▽三塁打 木原(鹿)

 鹿島少年が1点を守り切り、完封勝利した。三回2死から2番木原が三塁打で出塁すると、3番山口の内野安打で1点を先制。投げても主戦の山口大が7回無失点の好投で、自らが挙げた得点を守り切った。諸富南少年は最終回に1死三塁とチャンスをつくったが、あと1点が遠かった。

■諸富南に雪辱果たす

 鹿島少年のエース山口大翔が7回を1安打無失点の好投。今年の全日本学童軟式野球県大会で準優勝した強豪、諸富南少年の打線を封じた。

 因縁の相手だった。鹿島は今年の学童県大会ベスト8で諸富南と対戦。10-3のコールド負けを喫した。悔しさが残った選手たちにリベンジの機会が与えられた。森田覚監督は「神様がくれたチャンス。チームのいいところをぶつけよう」と選手たちを送り出した。

 その期待に応えるように、山口は好投をみせる。ピンチでも表情一つ変えず、力強い直球とスローボールで相手打線を手玉に取った。打っても三回に先制となる適時打を放ち投打に活躍、見事雪辱を果たした。

 「いつもよりいい投球ができた」と山口。「悔しさを晴らすことができた。目標は優勝」とマウンド同様、クールな表情で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加