戸塚刺しゅう協会佐賀支部の池田トシ子さんの教室のみなさん

 戸塚刺しゅう協会佐賀支部の講師の一人、池田トシ子さんは月2回、佐賀市の佐賀商工ビルで教室を開いている。40代から80代までの8人が自分の好きなものを作っている。

 額やポーチ、クッションなど、1本の針と糸で同じ模様を刺しても、糸の色が違えば、まったく違う雰囲気の作品に仕上がる。

 洋服に刺しゅうをして独自性を出したかったという人や、認知症の予防に80歳を過ぎてチャレンジしたという千住スエノさんら、始めた動機はさまざまだ。

 「絵画的で立体感のある作品の魅力にふれてほしい」と池田さん。5月24日から29日まで佐賀玉屋で戸塚刺しゅう展示会が開かれ、体験講習会もある。問い合わせは佐賀支部長の才川さん、電話090(3076)2878へ。

  (地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加