1回戦・千代田西部少年-大川少年 2回表千代田少年2死二、三塁、3番宮地夢人の右前適時打で2点を追加する=佐賀市の東与賀運動公園

千代田西部少年(神埼市)

        13134─12

        00010─1

大川少年(伊万里市)

(五回コールド)

(千)宮地-下津浦

(大)前田亮、堀田翔-堀田翔、鶴田

▽三塁打 鶴田、堀田翔、岡本陽(大)

▽二塁打 宮地(千)

 毎回得点を奪った千代田西部少年がコールド勝ち。初回に3番宮地の中前適時打で先制すると、二回も宮地が2打席連続の適時打でリードを4点に広げた。その後も着実に加点し、大川少年を突き放した。大川少年は四回裏、1点を返し反撃したが、後が続かなかった。

■打線つなぎ毎回得点

 堅実に打線をつなぎ、毎回得点した千代田西部少年が11点差で大川少年に五回コールド勝ちを収めた。平尾日出人監督は「天が味方して上出来だった」と笑顔で選手の奮闘をたたえた。

 初回から打線がつながった。一回表1死一、三塁で3番宮地夢人が中前適時打を放ち先制。二回表も宮地が2死二、三塁から右前へ適時打を放ち2点を追加した。相手の守備の乱れもあり、この回リードを4点に広げた。五回表も弟子丸浩輝が右方向へ適時打を放つなど、4点を追加し相手を突き放した。

 宮地は先発投手としてもチームの勝利に貢献。外角を突く投球で1失点に抑えた。宮地は「ピンチでも自分の力で投げ抜こうと思った。次は完封を狙う」と次戦も熱投を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加