鳥栖市牛原町は安良川の谷あいの集落。橋脚は長崎自動車道

 安良(やすろ)川は城山(勝尾(かつのお)城)の北と東をまわり込みながら流れ、四阿屋(あずまや)神社付近で、西から来た四阿屋川と合流します。この川沿い周辺に存在するのが牛原(わら)町です。

 集落は安良川上流の「井川口(いがまぐち)」、四阿屋川上流の「牛原川内(ごうち)」、合流点の「四阿屋」と、親村に当たる「宮西」などがあります。

 井川口は「構え口」つまり勝尾城の東の入り口にあたることから付けられた地名だとするいわれと、「湯釜口」で茶の湯の釜に関係する地名だとするいわれがあります。茶道の家元に「肥前国牛原観音堂前」と書かれた古い茶釜があり、その産地ではないかといわれています。

 牛原川内は大木川沿いの河内町と区別するために付けられた地名です。四阿屋は「四阿屋神社」がある集落、宮西は氏神である香椎神社の西に広がる集落です。(鳥栖郷土研究会会長・藤瀬禎博)

このエントリーをはてなブックマークに追加