女子準決勝・神埼中-平戸中部中 副将戦で積極的に攻める神埼中の糸山夕貴(左)=県総合体育館

 女子団体で2連覇を目指した神埼中は、準決勝で平戸中部中(長崎)に1-2で惜敗した。志波哲〓監督は「実力はきっ抗していたが、わずかに甘さが出た」と悔しさをかみしめた。

 0-2で迎えた副将戦、糸山夕貴は「必ず後につなげる」と気迫を込めたコテで1本勝ち。大将で主将の副島茉裕につないだ。

 2本勝ちすれば代表者戦に持ち込める状況の中、副島は必死に攻め続けたが、決め手を欠き引き分け。「“つなぐ剣道”ができなかった」と悔しがった。

 次の試合は1週間後に迫った全国大会。副島は「明確になった課題を修正する。緊張感を持って稽古に励みたい」と前を向いた。

※〓は郎の旧字体

このエントリーをはてなブックマークに追加