伊万里市の夏の風物詩「どっちゃん祭り」が7日、伊万里市中心市街地で開かれる。女みこしなどで、江戸時代に焼き物の積み出し港として栄えた伊万里津のにぎわいを再現する。

 午前10時の物産展(市営中央駐車場と駅前公園)で幕開け。浜町交差点ステージ前では午後2時の伊万里子ども太鼓を皮切りに、多彩な催しを繰り広げる。女みこしは午後6時10分ごろと同7時50分ごろに登場し、勇壮かつあでやかな合戦を披露する。

 また、6日は午後8時から国見台公園で市民納涼花火大会を開く。打ち上げ花火2500発が夜空に大輪の花を咲かせる。荒天時は7日に順延する。

このエントリーをはてなブックマークに追加