鳥栖―鹿島 後半、相手シュートをはじく鳥栖GK林=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2ステージ第6節で鹿島アントラーズを1-0で下した。第1ステージ王者を無得点に封じ、6戦負けなしの鳥栖。この一戦をMF高橋義希選手にふり返ってもらった。

 鹿島は間違いなくJリーグの中で優勝を狙えるチーム。試合では主導権を握られる時間帯はあった。しかし、自分たちのやりたいこともしっかりできていた。その結果、無失点で行けたのは大きかった。

 相手はサイドを頻繁に変えて攻撃してきたが、あまり怖くはなかった。サイドを変えられても、自分たちが戻る位置ははっきりしていてうまくできていた。それよりFWが中盤に落ちたり、サイドハーフが中に入ってきたところをつかみ切れなかったことの方がいやだったが、先制していたこともあって、守備でハマらなくても焦ることはなかった。

 守備には間違いなく自信が出てきた。鹿島に崩されて危険な場面はつくられたけれど、最後は体を張って守れていた。粘り強く守れたのは、昨年までの鳥栖を思い起こさせるような内容にもなったと思う。

 第2ステージで優勝を目指す上で、鹿島からもぎ取った勝ちは大きい。第1ステージで良い結果を出しているG大阪や川崎との対戦が続くので、最初に勝てたことは非常に意味がある。6日のG大阪との試合に向けてまたしっかり準備したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加