セットオフェンスの練習で軽快にパスをさばくLB八巻雄一(中央)=神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナ

 日本ハンドボールリーグのトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は18日、福井県の北陸電力福井体育館フレアで北陸電力(福井県)と対戦する。トヨタ紡織九州は1勝1分け11敗の暫定8位。最下位の北陸電力から確実に勝利を奪い、チーム浮上のきっかけをつかみたい。

 16日に神埼市のトヨタ紡織九州クレインアリーナであった練習では、中断期間に磨いたセットオフェンスを確認。選手たちは声を掛け合いながら細かいパスをつなぎ、LBの田中大斗や八巻雄一が力強いシュートを決めていた。

 石黒将之監督は「相手は最下位だがホームで必死に食らいついてくるはず。気持ちで引かず、内容のいいゲームで勝ってチームを勢いづけたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加