佐賀市下水浄化センターで進めるバイオマス事業の事業費が約48億円から54億円に膨らんだ問題で、市上下水道局は、当初示した事業の直接効果を年間約4千万円から二酸化炭素(CO2)売却収入を加えて1億3千…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加