「展示会で春のおしゃれを楽しんで」と呼び掛ける古賀洋子さん=佐賀市大財のカフェ・パパ

 春夏向けの婦人服を集めた展示会が21日から、佐賀市天神の佐賀新聞社ギャラリーで開かれる。装飾品やフォーマルウエアを含む13ブランドの約1200点を販売し、心弾む季節のファッションを提案する。23日まで。

 佐賀市の洋装店「カフェ・パパ」(古賀洋子店長)が、春秋に年2回開く恒例展。春からの装いのキーワードは「軽やかさ」。ニット服の老舗「コーザノストラ」のカーディガンは、美しいウエストラインを作りながら、フリルをあしらうことでふんわりとした雰囲気を出している。また、古賀店長の一推しは「顔写りを明るくする」鮮やかな色のトップスで、洗いざらし加工のジーンズと合わせれば、爽やかなカラーコーディネートができる。

 古賀店長は「重たい色使いの冬を越えて、いよいよ春。華やかな春のおしゃれを楽しんで」と来場を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加