■相手との間合いを常に意識アドバイザー:MF50水野晃樹 ドリブルのポイントについて水野選手は「自分ありきではなく相手を見ること」だと話す。「ボールを長く出して誘う。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加