水原戦を前に、ミニゲームでボールにプレスをかけるDF藤田(左)=鳥栖市の北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖と韓国・Kリーグ1部の水原三星ブルーウィングスの国際親善試合が18日午後2時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで開かれる。昨季まで鳥栖に在籍したMF金民友(キム・ミヌ)とMF崔誠根(チェ・ソングン)が水原で出場。鳥栖は開幕前最後の実戦で士気を高める。

 16日の練習では、守備陣が前線へのボールの運び方を、攻撃陣がスピードの切り替えを意識したゴール前の動きを確認した。MF福田は「ミヌさんとは同じポジションで話し合いながらやっていた。いい姿を見せたい」と意気込む。

 水原はアジア・チャンピオンズリーグに出場しており、22日に川崎市の等々力陸上競技場で川崎フロンターレとのグループステージ初戦を控える。FW豊田は「本番に近い状態でやる中で、いい意味で課題が出るような試合にしたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加