2018年の「明治維新150年」に合わせて開かれる「肥前さが幕末維新博覧会(維新博)」の会期が、18年3月17日から19年1月14日までの約10カ月間に決まった。期間中、テーマ館として佐賀市城内の市村記念体育館に整備される「幕末維新記念館(仮称)」を運営する。

 維新博は幕末維新期の佐賀の偉業や偉人を顕彰するのが狙いで、佐賀県と県内20市町などで実行組織を設立して県全体で取り組んでいる。これまでテーマ館開設や記念モニュメントの設置、プレイベントなどを計画している。

 山口祥義知事は18日の定例会見で会期を発表し、「(会期末の)1月14日までには県内20市町で成人式が行われ、県出身の皆さんが戻ってきた時に歴史を知ってもらいたいという思いも込めている」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加