「心」の文字とハートマークを緑と赤のタオルで表現した佐賀農業高食品科学科の生徒ら=白石町の佐賀農業高

 〇…佐賀農業高(白石町)の体育祭が4日にあり、団別の応援合戦の中で、九州北部豪雨の被災地にもエールを送る一幕があった。食品科学科の116人からなる「緑軍」が、マスゲームで「7・5(7月5日)」「九州」「キボウ」「トドケ」と次々に言葉や絵を表現した。

 〇…やぐらに整列した96人が、緑と赤のタオルを縫い合わせて作った布で一糸乱れぬ演技を披露。「九州北部を襲った豪雨」「たくさんの人々から届けられた支援物資と希望、助け合う心」「ともに力合わせ、届け私たちの思い」とかけ声も合わせた。

 〇…同校の応援合戦でマスゲームは初挑戦。緑軍を率いた食品科学科の3年生は昨年度、熊本地震の被災地でも農業支援とカフェ出店のボランティアに取り組んだ経緯もある。団長の村田陽香さん(18)は「直接被災地に行くことは難しいけど、少しでも応援の気持ちが伝われば」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加