■医師数、住民意識に差 訪問診療など環境整備を 病院ではなく自宅で最期を迎えられるように「在宅みとり」を国が推進する中、自宅で亡くなる人の割合に地域差があることが厚生労働省の集計で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加