仲間との輪を大切にする「うれしの男女ネットワーク」のみなさん

■互いに認め合う社会を

 うれしの男女(とも)ネットワークは、代表の永尾春子さんを中心に子どもから大人まで「男女共同参画」の啓発活動をしているグループです。

 メンバーは15人。これまで講演会、映写会、押しかけ講座を開いたほか、「男女共同参画に関する新成人の意識調査」に取り組むなど、さまざまな活動を行っています。

 メンバーの皆さんは「男も女も性別に関わらず、お互いに助け合い、認め合うことで、生き生きとした生活を送ることのできる社会を目指していきたい」と話しています。

 4月29日には、毎年恒例の第19回「ふじまつり」も開催します。(地域リポーター・副島花=嬉野市)

このエントリーをはてなブックマークに追加