佐賀保護観察所の糸永雄二所長から、代表で委嘱辞令を受け取る野口幸男さん=佐賀合同庁舎

 罪を犯した人や非行のある少年の更生や手助けをする新任保護司の辞令伝達式が5日、佐賀合同庁舎で開かれた。新たに14人が加わり、県内各地で活動していく。

 佐賀保護観察所の糸永雄二所長は「更生保護司は青年たちを地域で支えていく仕事。偏見を持たず、本人や家族をありのまま受け入れてほしい」とあいさつし、野口幸男さん(65)=鳥栖市=に委嘱辞令を手渡した。

 県内で活動する保護司は現在529人。非行のある少年と面談し、住居の調整や就職などの手助けをしている。代表で委嘱状を受けた野口さんは「人の話をしっかり聞く“傾聴”を大切にしたい。その人らしい生き方ができるよう助けていけたら」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加