六年一組の朝の教室。いつもわたしより早く登校している、奈津(なつ)に声をかけた。「奈っちゃん、ちょっと聞いてほしいんだけど……。」 わたしは、そういって、二人でろうかへ出て話そうと思った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加