■「原発に関心を」その一心で -3・11後の脱原発のうねりも時間の経過とともに沈静化し、玄海原発は再稼働へ一歩ずつステップを踏む。この時期になってなぜ、住民団体の旗揚げか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加