東電社長が地元に謝罪、新潟

 東京電力の広瀬直己社長は19日、新潟県庁で米山隆一知事と会談し、柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性不足を把握しながら原子力規制委員会に誤った説明を続けていた問題について「新潟県の皆さまへの説明が不十分だった。ご心配をかけて本当に申し訳ない」と謝罪した。

 広瀬氏は、問題の経緯に関する報告書を提出。報告書では、免震棟の使用方針の変更を地元側に説明する意識が不足していたとし、背景に「自社の都合を優先して行動してしまう体質があった」と総括。社内の審査対応の部署と自治体への説明を担う部門の連携強化などで再発を防ぐとした。意図的な隠蔽は否定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加