チャレンジショップ「CAST」に出店した3人。来年3月まで経営のノウハウを学び、独立・開業を目指す=佐賀市唐人1丁目

 佐賀市唐人1丁目のチャレンジショップ「CAST」で、雑貨店など第13期生の3店がオープンした。出店者は20~30代の男女3人で、来年3月まで店舗の運営を学びながら独立・開業を目指す。

 3店舗はヘアアクセサリーなどのハンドメイド雑貨店「ねこ辿(たど)り」、国内外で買い付けた古着やビンテージ雑貨を扱う「koichi(コイチ)」、全身施術(マッサージ)の「Selflove(セルフラブ)」。当初はネットショップでの出店を模索していたという「ねこ辿り」の井上樹梨さん(32)は「作っているものを実際に見てもらいたい」と出店を決めた。「一人で始めるのは経済的に負担が大きく大変だが、スペースを借りながら挑戦できるし、他の出店者と話し合えるのも魅力」と目標に夢を膨らませる。

 CASTは、同市のNPOまちづくり機構ユマニテさがの創業支援事業で、約13平方メートルの区画を月4万円で貸し出す。1年間で起業のノウハウを身に付け、空き店舗も目立つ中心市街地での独立出店につなげる。2004年度から始まり、12期生までで36店舗が出店。このうち28店舗が独立している。

このエントリーをはてなブックマークに追加