バーベキューを楽しむ山村留学生と北山東部小の児童ら=佐賀市富士町の北山東部小

 都市部などからの小学生を受け入れるやまばと山村短期留学のお別れ式が2日、佐賀市富士町の北山東部小であった。交流会のバーベキューには、山村留学生24人とその保護者、同校の児童など約125人が参加し、互いに別れを惜しんだ。

 山村留学生は7月31日から、13の家庭に分かれて宿泊。2泊3日し、川遊びや昆虫採集、夏祭りを楽しんだ。

 式では、本間華子さん(北山東部小6年)が「みなさんと友達になることで楽しい思い出をつくることができた」とあいさつ。参加者の一人の井上岳さん(10)=福岡市=も「自然がたくさんで、マスのつかみ取りが一番楽しかった。また来たい」と笑顔を見せた。

 式後にはバーベキューも開かれ、子どもたちは焼きたての肉や野菜を食べながら最後の交流を楽しんだ。

 山村短期留学は、夏休みを利用して山村生活を体験してもらおうと同校や同校OB、地域住民による実行委が開いている。今年は福岡県を中心に、千葉県や東京都などからも参加があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加