バースデーケーキを手に開館20周年を祝う西九州大佐賀調理製菓専門学校の生徒と佐賀保育園の園児たち=佐賀市立図書館

 佐賀市立図書館の開館20周年を祝う式典が6日、同館で開かれた。市民や関係者が出席し、「学びの場」や「情報、交流の拠点」として歩んできた歴史を振り返った。

 式では、御厨安守副市長が「開館当初から多くの人に利用してもらい、利用率が日本一のときもあった。今後も地域に密着し、愛される図書館であり続けたい」とあいさつ。造形作家・舟一朝さんの絵画や、西九州大佐賀調理製菓専門学校の生徒によるバースデーケーキの贈呈もあった。

 図書館(本館)は1996年8月8日に開館。20年間で延べ1400万人が利用した。市町村合併により六つの分館が加わった。

このエントリーをはてなブックマークに追加