薄紅の花をつけた切木ボタンに向けカメラを構える見物客=唐津市肥前町

 唐津市肥前町切木の出直(いですなお)さん(57)宅の県天然記念物「切木ボタン」が薄紅色の花をそろって咲かせ、見ごろを迎えている。

 切木ボタンは、複数の株に分かれているように見えるが根元で1株につながっている。豊臣秀吉から幽閉された波多三河守の居城・岸岳城(同市北波多)から、家臣だった出さんの祖先が持ち帰った。以来、約400年間守り続けている。

 今年は雨が多かった影響で例年より花が小さいが、「ここ数日の気温の上昇で一気に花が咲いた」と出さん。花は1週間しか持たないため、「今週末には散るかもしれない。急いで見に来て」と呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加