■試合後に意見書

 広島の緒方孝市監督(鳥栖市出身)が19日、DeNA2回戦(マツダスタジアム)で審判員への暴言で退場処分を受けた。退場は今季両リーグを通じて4人目。緒方監督は現役時代も含めて初めての退場。

 七回2死一、二塁で遊撃へゴロを放った小窪が一塁でアウトとされた判定を不服とし、一塁の山路審判員に激しく詰め寄った。球団は六回の田中の遊ゴロも微妙な判定だったとみており、試合後にセ・リーグに意見書を提出。鈴木球団本部長は「ちゃんと検証してもらって、技術向上に努めてもらいたい」と話した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加