米軍は6日、民間専用の大分空港(大分県国東市)に8月29日にエンジントラブルで緊急着陸した普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイについて、試験飛行に向けた最終検査を始めた。7日も継続する。大分県関係者が明らかにした。

 県などによるとオスプレイは、エンジンテストや滑走路走行などの最終検査後、試験飛行が成功すれば速やかに大分空港を離れる見通し。その後、米軍岩国基地(山口県岩国市)に向かうことを検討しているという。

 6日午後6時すぎ、操縦士が駐機させたままエンジンを始動すると大きな音が響き、機体上部から熱気が吹き出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加